カタカナと英語をまとめて覚える解決策

新人看護師にとって大きなハードルとなるのが現場で使用されている基本的な医療用語を自然に使えるようになることです。日常的に使用しているといつかは自然に使えるようになるのは確かですが、ある程度は言葉の詰め込みを行わなければ速やかに現場に順応できません。必死に努力をするとある程度は覚えられるものの漢字の言葉に比べてカタカナの言葉を覚えるのに苦労してしまう新人看護師は多いでしょう。

意味をつかむのが難しく、音だけで判断しなければならないのがカタカナの特徴であり、覚えたつもりが少し違ったということもしばしばあるのです。紛らわしい言葉もあって区別がつかない状況で過ごしてしまう場合もあります。その問題の解決策としてカタカナと一緒に英語も覚える努力をしてみましょう。カタカナの医療用語のほとんどは英語かドイツ語由来のものであり、よく使われているのは英語由来になっています。そのスペルを見ておくことによって、一つの言葉に対して二つの方向性から記憶に留めていくことができるのです。

使いこなせるようになるまでにはハードルがあっても、聞いて理解ができるという程度まで記憶に定着させるには優れている方法となります。医療用語を英語を一緒に覚えておくことによって、勉強したいを思ったときに英語の論文やニュースを読むための知識としても役に立てられるメリットもあるため、将来のことも考えて若い新人看護師のうちに努力しておくと効果的です。それでは、この辺で今日は終わります。