新人看護師が戸惑う医療用語のスラング

病院など医療施設で働くため看護の勉強を積み重ねてきた新人看護師も、時には医療現場で用いられる専門用語に戸惑う場合があります。医療現場では正式な専門用語だけでなく、医療用語のスラングが使われるケースが少なくありません。本来の正式な用語を省略したり、あるいは連想できる言葉を正式な用語の代わりに使うことが頻繁にあります。そのようなスラングの言葉は医療関連の辞書にも掲載されていないため、初めて勤務した病院での仕事で言葉が分からなくて失敗することは珍しくはありません。

このような医療現場で用いられるスラングは、現場での仕事を通じて少しずつ吸収する必要が出てきます。仕事中には職場で頻繁にスラングが飛び交うため、その言葉の意味を一つずつ調べながら医療用語のボキャブラリーを増やす取り組みがスキルアップにつながります。また調べても分からない医療の言葉があれば、積極的に職場で尋ねることも大切です。言葉を分からないまま放置していると、仕事中の肝心な場面で即応できない可能性があります。場合によっては患者の治療で支障を及ぼす可能性もあり、万が一に備えて分からない医療のスラングは必ずチェックし意味を理解する心掛けが欠かせません。

分からない医療のスラングをマスターするため、手帳やノートにその都度書き留める方法が勉強に役立ちます。メモに残しておくと仕事の後にでも読み返せて、ボキャブラリーのアップに高い効果が生まれます。そうして少しずつ覚えていく努力をしていきましょう。それでは、この辺で今日は終わります。